炭水化物を抜いてダイエット

お米やパンなど、いわゆる主食を抜くのは、ダイエットとして効果的です。太る原因になる炭水化物の摂取が抑えられるからです。炭水化物を抜いた食事はそれ以外のものをいつも通り食べてもダイエット効果が得られるケースもあります。食事の量そのままで10キロぐらい痩せられたケースもあります。つまり、炭水化物抜きダイエットなら、肉や卵、魚などをお腹いっぱい食べても痩せられるというわけです。これは学術的にも認められているダイエット方法ですから、オススメです。ただ、炭水化物抜きダイエットは実践が難しいという問題があります。特に外食が中心という食生活を送っている人ではまず不可能でしょう。炭水化物抜きダイエットを行うのなら自炊がベストですし、難しい場合でもスーパーなどのお惣菜を活用することになります。やってみるとわかりますが、主食なしだと食事というのはしにくいもので、しかもお金がかかります。お酒などを飲むわけにもいかないので、かなり物足りない気分になるでしょう。ただ、ゼロカロリーのアルコール飲料ならダイエット効果は期待できます。また、グラタンやピザ、ラーメンなど、炭水化物がメインとなっている食べ物もあり、これらは避ける必要があります。

 

ヤミ金相談
ヤミ金問題を抱えていると、食事も満足に食べられずダイエットどころではないかもしれないので、まずはヤミ金の悩みを解消しましょう。

ストレッチでダイエットは効果絶大

ダイエットの基本は運動。ウォーキングや筋トレをメインに据えてダイエットをしようというのは、とても正常な判断ですが、しかし、これが長続きしないのです。運動というのは疲労が大きく、疲れるので、誰がやっても長続きしないものです。これもダイエットの常識といえば常識。そこで、ストレッチがオススメです。ストレッチで筋肉を延ばすことは、運動よりも手軽なうえ、負担も小さくて、長続きします。「走ったり腹筋運動するよりも効果は低いのでは?」と思われるかもしれませんが、実は効果絶大なのがストレッチダイエットです。この秘密は、ストレッチをするとによって、痩せやすい身体を作れることにあります。筋肉がほぐれてよく動くようになり、また、脳も運動をイメージしてくれるので、ダイエットになるのです。ストレッチをするのなら、オススメは夜の入浴後、就寝前です。入浴後は身体が柔らかくなるので、より効果がアップします。ストレッチダイエットには、タオルを使った運動がよいでしょう。タオルを身体の前で、両腕が平行になるようにピンと引っ張り、そのままウエストを左右にねじります。これを10回から20回、ゆっくりやるだけで、どんどんウエストが締まっていきますよ。